針も糸も使わない〜工作みたいながま口づくり

がま口のカードケースを作りました。

使ったもの

ハサミ、印つけ(フリクション)、布、口金(幅10.5cm, 縦6cm)、型紙、両面テープ、木工用ボンド、ベルポーレン(バッグの底板やポリ芯のようなもの)、裏地用の合皮シール

作り方

型紙を使って布に印をつけます。

裏にシールがついたツルツルした台紙のようなものを出来上がりサイズに切って布に貼ります。

ベルポーレン(バッグの底板やポリ芯のようなもの)を出来上がりサイズに切って両面テープを2カ所中央よりに貼ります。

台紙の上にぴったり貼ります。

角をトリミングします。

両面テープを貼って内側に縫い代を折り込みます。

全部貼れました。

裏にシールがついた合皮を内側に貼ります。

空気を抜くようにぴったりと貼ります。

半分に折り曲げます。

口金に入れ込んでみます。うん、ぴったり!

一度外して、木工用ボンドを口金の溝に薄く塗ります。

木工用ボンドをホイップクリームを絞り出すようなビニールに小分けしておくと便利みたいです。

もう一度サイドから右左と順番に入れたらつまみの方向に引っ張り上げます。

ぴったりはめ込めました!

お友達はリバティの布でペンケースを作りましたよ。

簡単に作れたので今度は刺繍した布を使って作ってみたいです。ぴったりサイズの口金が見つかればいろんなアレンジを楽しめそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です